ホームページを作る前に考えておくべき3つのこと


ホームページ制作には大きく分けて2通りの方法があります。自分で作るパターンと制作会社に依頼するパターンです。どちらもメリットデメリットがあるので一概にどちらが良いとは言えませんが、企業のホームページ制作では、技術や運用面から制作会社に依頼することが多いのではないでしょうか。

お問い合わせを受けたホームページ制作会社から依頼者へ連絡があり、直接会ってヒアリングを受け、その内容をもとに制作会社からの見積りや提案が提示されることが一般的です。

このステップの中でイメージ通りのホームページを作るのに一番大切なものはヒアリングです。依頼者のホームページのイメージがどれだけ正確に制作会社に伝わったか、これがホームページの出来栄えを左右するといっても過言ではありません。

そこで、これからホームページを作ろうと思う方やリニューアルを考えている方が、制作会社に依頼する前に考えておくとスムーズに打ち合わせが進み、しかもホームページがイメージ通りに仕上がるようになる大切なポイントをご紹介します。

1.ホームページを作ろうと思ったきっかけと目的

なぜホームページを作ろうと思いましたか?知り合いの会社はみなホームページを持っているからだとか、最近見た会社のホームページがかっこよかったからなど、何か理由があったはずです。なんてことはないきっかけで構いません。実はこのきっかけからホームページを作る目的を考えることが出来るからです。

制作会社はヒアリングの中でそのきっかけを掘り下げます。みながホームページを持っているからという理由なら、会社の信頼性を高めたいという隠れた思いがあるはずです。

参考:中小企業がホームページを開設する3つのメリット

このように、ホームページを作ろうと思った理由が分かれば、ホームページの目的を考えることができます。具体的には、ホームページを見てほしいのは誰なのか、その人たちに何を伝えたいのか、そして見てくれた人たちにどう思われ、どう行動してほしいか、ということです。例えば、

誰に 既存のお客様に、名刺交換をした人に、取引を考えている人に、就職を考えている人に
何を伝えて 会社の商品やサービス、事業内容、規模、強み、関連会社、最新情報
どうしてほしいか 来店してほしい、商談を前向きに検討してほしい、お問い合わせしてほしい

などです。

この目的に応じてホームページのデザインや構成のほか、ホームページの役割が変わります。制作会社も依頼者との打ち合わせの中でホームページを作る目的が何かを考えますが、プロとはいえ限界があります。この点について依頼者からはっきりと目的を伝えられると、その目的を達成できる最適なプラン提案し、より良いホームページを制作することができます。

2.自分の会社のこと

ホームページ制作会社はいわゆるIT業界の一業種です。依頼者の会社のことも業界のこともほとんどの場合よく知りません。その状態では、競合他社と比較した依頼企業の強みをホームページに生かすことが難しくなってしまいます。

この意味で、ホームページはインターネット上の営業拠点と考えられないでしょうか?営業拠点であるなら、競合他社の戦略(ホームページ)はよく見ておきたいですし、他と差別化を図る、とまではいかなくとも、看板としての自社の強みは掲げておきたいですよね。

これを実現するためには、ホームページ制作会社が依頼者の会社のことをよく知っておくことが大切です。制作会社が打ち合わせやヒアリングで聞き出す以上に、依頼者が自社のサービスや売り、業務内容や規模などを伝えるべきでしょう。それは、依頼者の会社の商品やサービス、業界のことは誰よりも依頼者自身がよく知っているはずですから。

こうして自分の会社のことを前もって考えておくことで、その内容はホームページに掲載する情報や素材になるだけではなく、制作会社という異業種から見た、依頼者の会社の強みや魅力を再発見する機会にもなりえます。

3.どのくらいのお金と時間をかけられるのか

ホームページ制作の費用については別の記事で詳しく説明しますが、制作費用の内訳はほぼ人件費が占めています。
したがって、制作費用は実際に制作会社がどの程度作業するかが分かればすぐに決まります。この作業量の見積もりに、先に挙げた1と2の内容が重要です。これら2つを制作会社がおさえ、依頼者とのヒアリングや打ち合わせを1度すれば正確な見積もりができるものです。
しかし、中小企業がホームページを開設する3つのメリットでも触れた通り、ホームページは作って終わりではなく、作った後の継続的な取り組みが必要です。作りっぱなしで終わってしまうのではなく、その後の運用が鍵となります。Web担当の人材を用意出来なくても大丈夫です。会社の経営者が直接ホームページを運用・更新していくことでも良いでしょう。大切なことは、「せっかくホームページを作ったのだから、見てくれる人に喜ばれるように改善していこう」という気持ちを持つことです。

まとめ

ホームページを初めて作る方は制作会社との打ち合わせでどのようなことを聞かれるのか、分からないことが多いのではないでしょうか。今回紹介した3つのことを事前に考えておけば、依頼者がイメージするホームページがどういうものなのかを制作会社にきちんと伝える基礎はばっちりです。そのうえで、ホームページに掲載する内容や設計は制作会社の力を借りて準備していけば良いでしょう。

制作会社と依頼者がホームページのイメージを共有し、ホームページを作った先にある、ワクワクする未来像を一緒に描いていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です